研修期間を考慮する必要性

9月 5, 2017 · Posted in · 研修期間を考慮する必要性 はコメントを受け付けていません。 

 看護師としてより有能な人材として働けるようになろうと考えたり、仕事へのやりがいを増やしていこうと望んだりすると大切になるのがスキルアップです。目標を定めて独学で勉強するのも1つの手段ですが、より生きたスキルを身に着けるためには現場での実技実習が重要になります。

 そのために外部研修を受けようと考える際、期間について熟慮が必要です。1日限りのものであればうまく有給休暇が取れる場合が多いものの、数日にまたがったり、より長い期間を必要としたりする場合にはなかなか休めない状況に陥ります。その期間は現場を離れなければならないため、現場としては働ける人員が1人減った状況で同じ量の仕事をこなさなければならないという認識を持ちましょう。上司に相談して許可がすぐに下りればいいですが、それでも同僚に負担を強いる可能性が高い点には留意しなければなりません。

 スキルアップのための研修を受けて現場に戻ってきたら、険悪なムードになってしまったという状況にならないためにも、よく理解が得られる職場を選んでおくのが大切です。看護師としてのスキルアップを目指すのをよしと考えるかどうかは、現場の状況に大きく依存します。研修を受けてきたことでより現場で役立てるようになる場合には奨励される傾向が強いものの、そうでない場合にはあまりいい印象を持たれません。看護師としての有能さを目指していきたいと考えたら、職場の選び方から考える必要があるのです。