休暇を取りやすい職場を選ぶ

看護師がスキルアップを目指すなら、職場選びの時点から注意する必要があります。知識やスキルを身に着けるために貴重な機会となる研修を受けるには、1日から数日は職場を離れなければいけません。場合によっては、より長期間の休暇が必要になるでしょう。その目的は個人の能力を伸ばす機会であるのは明らかであって、必ずしも職場全体をよりよい状況にするのに直結するとは限りません。

休暇を取りやすい医療機関を選んでおかなければ、なかなか研修に参加できないのが実情です。人材が不足している現場も多いため、1人の看護師が離れることによって現場の動きが滞るリスクを上司は考えなければなりません。結果として休暇を許可しやすい職場もあれば、許可を与えられない職場もあるのが現状です。スキルアップをした人材がどれだけ現場で役に立つかということが最も大きな問題となるため、より高度な医療を担っている医療機関ほど休暇を取りやすい傾向にあります。

そのような医療機関では、特に必要性の高いものについては費用などを支援している場合もあるため、支援制度があるかどうかを確認して選ぶのも賢明な判断です。現場で活躍できるように成長したいのにその機会が得られないという状況にならないためにも、職場選びの時点から熟考することを心掛けましょう。同じ研修は再び実施されないというケースもあります。スキルアップを目指す看護師にとって必要となる研修を受けやすい職場選びをするのが賢明な考え方なのです。